ミノキシジルの副作用について掲載しています。

MENU

ミノキシジル、薄毛の悩みがこんどは副作用に悩まされるようになってしまいました。

ミノキシジルの入った育毛剤を知っていますか?
私は長年薄毛に悩んでいました。

 

まだ年齢的には若い方で、どうにか髪の毛を増やすことはできないかと色々調べたところ、とてもよく効くという育毛剤のことを知りました。
同じ悩みを持っていた知人がおりましたが、その知人も同じ育毛剤を使用していたことがわかり、その効能を聞いてみると、その育毛剤以外は使う気がないと言いきるほど効果が表れたとのことです。

 

しかし、薬はあくまで効き方などに個人差があるものだということを、私はこのとき思い知らされました。
その育毛剤によって、私は薄毛の悩みよりも深刻な副作用に悩まされることになってしまったのです。

 

確実にその育毛剤の副作用とは言いきれませんが、その症状が現れはじめたのはその育毛剤の使用を始めてからのことでしたから、やはり関連性は極めて高いといえましょう。
調べたところ、なんと私以外にも、同じような副作用に悩んでいる方が大勢いるとわかったのです。
私の場合は、多毛症でした

 

もともと毛深い体質ではなかったのですが、それが急に毛が濃くなったように感じました。
それぐらいならまだいいのですが、どうも頭がくらくらとしたり、眩暈がしたりするようになり、低血圧になっているということがわかりました。
これも育毛剤の副作用らしいのです。
実は私の使っている育毛剤の成分、ミノキシジル、というものがそういう副作用をもたらすことがあるらしいのです。

 

なので私はそれからというもの、ミノキシジルが使われていない育毛剤を調べて購入するようにしました。
色々使ってみたところ、チャップアップ・プランテル・ポリピュア・Deeper3Dといったあたりの育毛剤がとてもよいようです。
もちろん、個人差はあると思いますが、副作用の危険性がある育毛剤を使うくらいならこちらの安全安心な育毛剤を使用したほうが断然よいですよね。

 

自分の頭皮を知りながら、よい育毛剤を探すこともよいと思います!
育毛ランキングを参考にしてみてください。


ミノキシジルで性機能障害

ミノキシジルが主成分となっている育毛剤は高い人気を集めていますが、この医薬成分には血管を拡張させる薬理作用があり、血管が広がることによって髪の毛が成長するために必要な栄養分を効率的に運ぶことができるというのがこの医薬品における最大の特徴になっています。

 

ちなみに血液に対して作用をもたらすということで気になるのが体に対する影響度合いだと思いますが、フィナステリドと違って男性ホルモンに対しての作用機序があるわけではないので性機能の障害が起こるリスクは小さいと言われているものの、人によっては勃起不全や早漏などの症状が見られることがあるという報告もあります。

 

ただし、性機能に対して副作用のような症状が見られるケースとして多いのはタブレットや錠剤タイプにおけるミノキシジルの使用におけるケースで、それ以外についてはあまり副作用の症状が見られることもなく、特にシャンプーやスプレータイプだと性機能に対しての副作用リスクは小さくなります。

 

これは内服タイプだと体の中から作用を働きかけるためですが、外用薬タイプになると薬剤が体内へ侵入する度合いが明らかに内服タイプよりも小さいため、それによって副作用が発症してしまうリスクも低減されるというものです。
ただし、直接的に薄毛の部分に対してミノキシジルを塗布する場合においても全く副作用が起こらないというわけではなく、場合によっては何らかの副作用の症状が起こってしまうこともあります。
000


ミノキシジルで血管障害

最近は飲むタイプの育毛剤が人気を集めており、昔の育毛剤と言えば薬剤を薄毛が気になるところへ塗布して、それによって薬理効果を得ていたというのが一般的でしたが、飲むタイプが普及するようになってからは飲むタイプをメインにする人や塗るタイプと併用して使用する人が増えました。

 

その中でも人気を集めている育毛剤成分と言えばミノキシジルという成分で、これには血管を拡張させる薬理効果があるため、この薬理効果によって頭皮や頭髪が必要とする栄養分の供給を促すことができます

 

しかし、ミノキシジルは血管に対しての作用が大きいことから服用することによる副作用のリスクが高いことでも知られており、正しく服用をしないことによって副作用の症状に悩まされたという人は多くいます。
特に多く見られる副作用の症状として動悸や低血圧などの症状があり、動機については血管の流れが促進されることによって鼓動が感じやすくなることや低血圧についても元々は高血圧の症状を改善させるためにミノキシジルが作られたことを考えると症状が起こってしまうのは不思議なことではありません。

 

基本は育毛剤用として成分調整がされているので用法や用量をきちんと守って服用する場合については重たい副作用の症状が発症してしまうことはあまりありません。
しかし、元から血液に何らかの疾患がある場合は症状が出てしまうこともあるので育毛剤の服用については十分に気を付ける必要があります。

ミノキシジルで頭痛

ミノキシジルは血管を広がらせる効果があり、この作用によって頭髪が元気に育つために必要な食事から摂取した栄養分が効率的に運ばれるようになるわけですが、血液や血管に対しての作用があるということで副作用の症状が起こってしまう可能性は高くなっています。

 

また、他に病気をしている場合や医薬品の服用をしている場合についてはミノキシジルとの相互作用によって体に悪影響を及ぼす可能性もあるので必ず医師に相談してからの服用が必要になり、スプレーやシャンプータイプであってもミノキシジルが含まれている時点で相談しておくことをおすすめします。

 

ミノキシジルが含有されている育毛剤を使用することによって起こりやすい副作用の症状に頭痛がありますが、この症状についても血管拡張作用が大きく関係しており、通常よりも血管が広がることによって頭部に圧力が加わるため、頭痛が起こるようになります。
気圧が下がると頭痛がしやすいという人は要注意で、気圧が下がるということは血管が広がっていてそれによって頭痛がしているということになるため、育毛剤を服用することによって頭痛の症状が見られる可能性は非常に高くなります。

 

また、頭痛については育毛剤がもたらす作用機序がストップするタイミングで痛みも治まる場合がほとんどですが、痛みが続くような場合は医師に相談をして今後の育毛剤使用について考える必要があり、もし使用が難しいようであればサプリ系や作用機序が違うフィナステリドなどの使用がおすすめです。


ミノキシジルで浮腫み

体が浮腫んでいると会話に出てきたことがある人もいるかもしれませんが、浮腫みというのは体の一部分が膨れ上がってしまう症状のことで、傷みなどを伴わないことも多くあります。
ミノキシジルが含有されている育毛剤を使用することによって浮腫みの症状が出てしまったという経験をしたことがある人も中にはいるかもしれませんが、腎臓機能が低下することで浮腫むことが多く、ミノキシジルの作用機序が腎臓機能を低下させることで浮腫みの症状を助長してしまうことがあります。

 

ちなみにミノキシジルが含有されている育毛剤を使用するケースで浮腫みの症状が現れるのは内服薬を使用した場合の話しであり、シャンプーやスプレータイプなどを使用して症状が現れるというケースはあまりありません。
これは内服薬だと体の消化器官で分解されることになるので、医薬成分の薬理効果だけでなく消化器官にもダメージが出てしまうことがありますが、外用タイプであれば内臓に対しての直接的なダメージは低減されることになります。

 

ちなみに浮腫みの原因となっているのは水で、浮腫みだとあまり症状が出ないということから軽視されがちですが、心臓に対しての負担が大きいこともあって心臓疾患などに繋がってしまうことがあります。
そのため、浮腫みが出た場合にそこまで症状が重たくなくても継続的に続いてしまうような場合は必ず放置するのではなく医療機関で診察を受けて浮腫み対しての対応を相談することが大切です。


ミノキシジルのアレルギー

ミノキシジルが主成分になっている育毛剤が人気を集めており、特に中年男性以降に見られるAGAの治療薬として広く使用されている成分で、ミノキシジルだけでなく他の医薬成分がミックスされているようなタイプも販売されています。

 

また、通販サイトが普及したことによって自宅にいながらでも簡単にミノキシジルが含有されている育毛剤を購入することができるようになりましたが、通常だと処方されないような高い濃度のミノキシジル入りの育毛剤についても販売が行なわれていることがあります。

 

自分で育毛剤を選んで購入すること自体は法的な問題がないものの、副作用の症状が起こるリスクが高いことを考えると自分で安易に購入することは推奨されます。
ちなみにミノキシジルに対してアレルギー反応を起こしてしまう場合もありますが、アレルギー反応というのは体に害がない物質に対して免疫機能が過剰な反応を起こしてしまうことによって症状が起こります。

 

アレルギー反応が起こってしまうとショックやアナフィラキシーなど重たい症状に繋がってしまうことがあるので十分に注意する必要があり、これまでにアレルギーの症状になったことが無い人でも起こる可能性があります。
アレルギー反応が現れた場合は速やかに使用を止めて医師に相談する必要があり、対応が遅れてしまうと症状が重篤化してしまう可能性もあります。
他にもさまざまな副作用の症例があるので使用には十分に気を付けるようにしましょう。


ミノキシジルと多毛症

ミノキシジルが含有されている育毛剤を使用する場合の注意点として多毛症になるという副作用がありますが、これは名前の通り毛がたくさん生えてくる症状のことで頭髪が薄くなっている人からするとメリットがあるように感じるかもしれません。

 

しかし、残念なことに多毛症だからといって頭髪に対してピンポイントに頭髪が生えてくるというわけではなく、どちらかというとムダ毛と呼ばれる体毛が多く生えてくるようになります
また、ムダ毛の生成に必要な栄養分を取られることによって頭髪の生成が進まないこともあるので、かえって育毛効果を得るどころか薄毛の症状を悪化させてしまうことがあるので使用については十分に注意する必要があります。
ちなみにミノキシジルが主成分になっている育毛剤には頭部に対して塗布するタイプと内服薬がありますが、多毛症になるのは内服薬の方が多く塗布するタイプについてはそこまで多毛症になることはありません。

 

なぜ、ミノキシジルを内服薬として服用すると多毛症になってしまうのかという点についてはこの医薬成分による薬理効果によって血液が頭部に対して安定して供給されるまでに他の体毛に栄養分が取られることによります。
しかし、直接的に頭髪や頭部に対して塗布する場合は他のムダ毛に対して作用を与えるということはなく、頭部の血管が拡張されるだけなので他の部分の体毛にムダな栄養分が使用されることはなく安定的に頭髪が生成されるようになります。

 

 

年齢を重ねてくると気になるのが頭髪の薄い状態だと思いますが、特に男性は男性ホルモンが原因となって頭髪が薄くなってしまう人が多く、日本人は世界の中で見ても特に頭髪の薄い状態を気にすることから薄くなる頭髪と共に自信が無くなってしまう人は多いと思います。

しかし、昔に比べると薄毛を対策するためのアイテムはたくさん開発されて販売されるようになっており、これらのアイテムを使用することによって頭髪の薄い悩みを解決することができます。
また、医薬成分が主成分となっているタイプもあれば天然成分が主成分になっているタイプもあってそれぞれの成分によって効果や効能も変わってくることになりますが、少しでも症状を抑えたい場合は天然成分よりも医薬成分の方が強い薬理効果をもたらすのでメリットがあります。
いろいろある医薬成分の中でも育毛剤に使用されている成分の中で特に人気となるのがミノキシジルという医薬成分になりますが、この医薬成分は多くの育毛剤に使用されていて直接的に頭皮へ塗布するタイプもあれば反対に服用することで効用を得られるタイプもあります。
この医薬成分が広く使用されるようになったことで深刻に薄毛を悩んでいても症状を軽減することができるようになりましたが、きちんと用法や用量を守って使用しないと副作用の症状が起こることもあるので使用についてはミノキシジルに対して正しい知識をきちんと見につけることが大切です。
また、ミノキシジル以外にも育毛剤に使用されている医薬成分は数多くあるので、もしこの成分を使用しても効用が出ない場合や効果が実感できないような場合は他の育毛剤を使用するというのも方法としてあります。
頭皮の状態は健康状態を示すと表現されることもあるように、生活習慣や内臓疾患など何か原因があって髪の毛が薄くなっていることもあり、中には重大な病気を発症しているようなこともあるので体に変調がある場合は事前に病院で診察を受けることも忘れないようにしましょう。